茶道具  茶道のあかり 茶道の棚 抹茶碗 茶道具販売 和のインテリア

TOP >> 釜や灰などのの扱い方と情報
ユーザーID:
パスワード:
パスワードを忘れた方はこちらから
商品カテゴリ
ご案内
サイトマップ
通販に関する事項
会社概要
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
ポイントについて
お支払い・送料について



写真2


 釜は使込めば使込むほどあじが出てくるし 湯の沸く音もよくなると言われています。 お手 入れをして 長く使込んでください。


       釜のお手入   写真2



     新品の時は


       2.3回水を沸かしては捨ててください



   普段お使いのあとは



 残ったお湯はすべて空け蓋を取ったまま余熱で水分を蒸発させてください。まだ水分が残  っている場合は、軽く空炊きし内部を乾燥させてください 但し 長い間空炊きすると酸化皮 膜が取れてしまうので、十分注意してください。


 表面と内部のお手入れ


    釜に余熱が残っているうちに絞った布でふいてください。内部を強くこすると錆の原因に  なりますのでご注意ください もし小さな錆が出来てしまったらお茶を浸した布でこすり落としてください。 内側の錆がひどい時は 錆を歯磨きなどで落とした後 だし取り用のパックに茶殻を詰めて内部が黒くなるまで煮詰め、火を止め半日ほど放置します。水が黒くなりますが、お茶の成分のタンニンと鉄分の化学反応ですので、問題はありません。その後は水を沸かしては捨てるのを繰り返し、お湯がきれいになったら使用してください

日頃より釜の内部には触れないようにし、まして硬いもので擦るのは厳禁です。



             灰の手入れ

 灰は何回か使用すると燃えカスの炭やごみなどと混じり そしてアクも出てきますので、炉の季節 風呂の季節が終わった頃にお手入れが必要といわれています。



本格的には何日も手間をかけ同じ作業を繰り返し大変な作業と聞いたことがあります。本格的に挑戦する方は本などで調べてください。簡単な方法は、水洗いをしゴミなどを取り除いた後に乾燥させ、ふるいにかけ瓶などにいれ保管します。


                           灰を使う量



   風炉の大きさなので、使用量は多少変化しますが、目安として
     風炉の場合     約3.000〜3.500グラム
     炉の場合     約8.000グラム


             炭について 

 茶道に欠かせないもののひとつに炭があります。炭には調温効果・消臭効果・遠赤外線効果・電磁波防止効果などがあると言われています。



                             釜一覧へ戻る
                

Produced by (C)AdTECHNICA.Co.,Ltd